p0193_l.png
★1ビーあああいいいい.png

​【このサイトは】

「UNDERTALE」非公式(グリルビー中心)アンソロジーの企画告知サイトです。

このサイト内にある記事、画像などの無断転載・使用は固く禁じております。

※非公式の二次創作企画につき、原作者様ならびに版権元、その他関係者様とは一切関係ございません。​

​◆更新履歴◆

2022.7.1:告知サイト&Twitterアカウント公開・執筆者募集開始

2022.8.6:執筆者募集(参加可能な方)項目に追記

2022.8.8:執筆者募集(執筆内容についての注意事項)項目に追記

2022.9.9:執筆者募集(執筆内容についての注意事項)項目に追記

2022.10.1:公募での執筆者募集締め切り​

​     執筆参加メンバー公表

     ノベルティを「イラストカード」に決定​

     執筆内容に関しての注意事項に追記

​     原稿の形式について追記&あとがきカットのテンプレートを追加

2022.10.15:ABOUT項目にアンソロジーロゴの英語の綴りが間違っていた

       件について修正・フライヤーのロゴについてお詫びの説明を追記

2022.11.22:原稿の形式項目に、ibisPaint Xの解像度について追記。

       ABOUT項目に、主催の連絡先を追記。

タイトル:『WELCOME TO ...』

内容:グリルビー中心オールキャラアンソロジー(カップリング要素なし)

本の仕様:全年齢/A5サイズ/表紙フルカラー/ページ数未定/ノベルティ「イラストカード(L判サイズ)」

価格:未定

発行日:2023年2月12日(日)

 

頒布予定日:2023年2月12日(日)東京ビッグサイト TOKYO FES Feb.2023内

海外ゲーム作品オンリー【UNLIMITED EX 13】にて頒布予定

​※後日、通販も予定しております。

​主催:あお(Twitter)(PIXIV

​告知Twitterアカウント【@grianthology

宣伝用フライヤー:2022年11月3日(木)

COMIC CITY福岡57​内【きみの選択。7】にて配布予定。

↑フライヤーに印刷されているアンソロジーロゴの綴りが間違っていました。

正⇨『WELCOME TO ...』 誤⇨『WELCOM TO ...』

「E」の文字が抜けていましたことをお詫び申し上げます。

​※修正できない為、そのまま配布致します。ご了承下さいませ。

*当アンソロジーにはゲーム本編ネタバレ要素が含まれております。

​*グリルビーというキャラクターにフォーカスしたアンソロジーになります。他キャラクターとの絡みもあります(カップリング要素なし)。

*キャラクター・ストーリー等の解釈は各執筆者様にお任せしております。プレイヤーによって様々な解釈があることをご了承ください。

 執筆者紹介(順不同/敬称略)

​●つるぴ 【Twitter

●おがみ 【Twitter

●Roynand 【Twitter

●縞模様 【Twitter

●シャチョ 【Twitter

●すず虫 【Twitter

●indori 【Twitter

●ともにー 【Twitter

●えすぷ 【Twitter

●物干し竿 【Twitter

●アクリル 【Twitter

●ci 【website

●MA 【Twitter

●淡霜 【Twitter

​●じっぱー 【Twitter

​●杏奈 【Twitter

《主催》

​●あお 【Twitter

    

​※募集は締め切りました※

​*当アンソロジーでは、執筆者を公募しています。希望される方は下記をお読みください。(他にも主催からお声がけする場合もございます)

​*下記事項をよくお読みの上、興味のある方はどなたでもお気軽にご参加ください♪(質問はこのサイト最下部のメールフォームまたは主催のTwitterDM(@ao_utd)より受け付けております)

『参加可能な方

●海外ゲーム「UNDERTALE」をプレイ済の方。公式の同人活動ガイドラインに基づき、ゲーム未プレイの方(動画視聴のみ等)はご参加いただけません。

●UNDERTALEをキャラクターを愛している方。

●献本お渡しまで、最後まで音信不通にならない方

●原稿作成を自分で行える方。原稿提出はデジタルデータのみになります。アナログ原稿の場合はスキャンしてデータ化してから提出してください。

​●原稿に関してのご連絡はメールまたはTwitterDMにて対応いたします。TwitterDMでのご連絡希望の方は当アンソロジーアカウント(@grianthology)にてやりとりしますので、当アンソロジーアカウントのフォローをお願いいたします。アンソロジー献本お渡しまでの一時的なフォローでも大丈夫です

​●今回は海外の方のご参加は不可とさせていただきます。

参加表明締切:2022年9月30日(金)23時59分まで

​※募集は締め切りました※

・googleフォームを利用します。

*当サイトでの執筆者公表は10月1日(土)とさせていただきます。

*公募ですので当アンソロジーに参加される旨はご自身でいつ公表していただいても構いません。

『執筆に関して

《執筆内容についての注意事項など》

​●グリルビーさんのもっと色々なシチュエーションが見たい!の思いで企画したのが今回のアンソロジーです。

●皆様が思う、グリルビーの日常・あるあるネタなどご自由に表現してください。4コマ漫画など形式も問いません。ご自由にどうぞ!

●グリルビー中心のお話であれば、他キャラクターも存分に登場してもらって大丈夫です。むしろ大歓迎です!ただし、原作以外のカップリング表現はNGです。フリスクを出す場合は性別・年齢は問いません。

シリアス展開を入れる場合は必ずハッピーエンドで終わるようにお願いします。死ネタはNGです。(オリジナルモブキャラクターの死ネタに関しては場合によっては許可しています。その場合は主催に一度ご相談ください)

●オリジナルキャラクターを出す場合は、モブ扱いのキャラクターでしたら大丈夫です。あくまでモブですので、R指定の入る奇抜な描画、UNDERTALEキャラクターより目立つ演出はお控えください。心配な方は主催までご相談ください。

​場合によっては原稿修正依頼をさせていただく場合もございますが、難しい要素ですのでご了承くださいませ。

●全年齢本ですので、R18・R18-G・R指定の入りそうな表現はおやめください。他にも、女体化・男体化・擬人化・過度な暴力表現などもNGです。

●今回はグリルビーのイラストを描く際に、顔のパーツは『目』・『口』の描画はOKです。しかし、擬人化になりえそうな少しリアルよりな目や口の描画はお控えください。『目』を描く際は『眼球』(人間の目でいうところの白目の中の黒目)の描画はNGとさせていただきます。『鼻』は横顔の時に輪郭が出る程度ならOKとします。正面時の描画はNGです。擬人化との線引きが難しい項目ですが、何卒よろしくお願いいたします。

​この説明で気になる点や、これは大丈夫だろうか?等気になる点ございましたらお気軽にご相談くださいませ。

​●AU関連の執筆は今回NGです。

『原稿の形式について

【共通事項】

漫画・小説原稿の1ページ目は『タイトル・執筆者様のお名前』を記載してください。カラーイラスト、モノクロイラストの方でサイン等入れたい方はご自由にどうぞ。

​●お話の最後は、『終・END・Fin.』などのエンドマークを入れてください。

ノンブルはつけずに作成してください。主催側で隠しノンブルをお付けします。

​●漫画・小説原稿の場合は必ず原稿提出フォームにて『左右どちらのページで始まるか』をお知らせください。どちらでもいい場合もお教えください。

●下記記載の原稿設定で作成していただければ、指定のテンプレートは特にございません。テンプレートが欲しい方はダウンロードしてください。

★モノクロ原稿(イラスト・漫画)
【原稿サイズ】A5サイズ+塗り足し3mm(横154mm×縦216mm)
【カラーモード】モノクロ2値orグレースケール(書き出しの際にも必ず確認お願いします)
【解像度】600dpi(ibisPaint Xご使用の方は350dpi、トーンは使用せず黒かグレーで原稿を作成しご提出ください。350dpiでの作成になるので多少画質が荒くなる可能性がございます)

追記:ibisPaint Xの最新アップデートにより、600dpiでの作成が可能になりましたが、既に

350dpiで原稿作成されている方はそのままご提出ください。(350dpiの原稿を600dpiに無理に

引き伸ばすことはせず、350dpiのままでお願いいたします)

もし間に合った方は600dpiで作成されても構いません。
【提出形式】PSD形式 or PNG形式(画像統合済)

【ページ数】漫画の場合→1P〜20Pの間ならご自由に。

イラストの場合→1枚〜2枚(主に中扉ページに使用します。左右どちらのページに配置しても大丈夫な構図でお願いいたします)

モノクロ原稿テンプレートが必要な方はこちら

↑「本文単ページ用テンプレート」のモノクロA5(PSD形式)をダウンロードしてください。

ibisPaint Xをご使用の方向けテンプレートはこちら

​↑350dpiのテンプレートです。「A5サイズテンプレート」をダウンロードしてください。

★カラー原稿(イラスト)

【原稿サイズ】A5サイズ+塗り足し3mm(横154mm×縦216mm)

【カラーモード】CMYK or RGB(RGBでも入稿可能になりました。CMYK変換に自信がない方はRGBでご提出ください。ただし、印刷所にてCMYK変換を行なってもらう為、場合によっては色がくすむ等の変化がある可能性をご承知おきください)

【解像度】350dpi

【提出形式】PSD形式 or PNG形式(画像統合済)

【ページ数】1枚(主に本の口絵に使用します。左右どちらのページに配置しても大丈夫な構図でお願いいたします)

カラー原稿テンプレートが必要な方はこちら

↑「本文単ページ用テンプレート」のカラーA5(PSD形式をダウンロードしてください。

★小説原稿
【原稿サイズ】A5サイズ+塗り足し3mm(横154mm×縦216mm)
【段組】2段組、最小フォントサイズ9pt

(フォントの種類・レイアウトなどはお任せします。挿絵を入れても構いません。挿絵・本文別な方での共同制作も可ですが連絡のやりとりは代表者の方でお願いします)
【データ形式】PSD形式またはPDF形式(
Word・doc形式不可。PDF形式に変換する方法が分からない場合はご相談ください)

【ページ数】1P〜20Pの間ならご自由に。
PDF形式の場合、フォントは必ず埋め込んだ状態で提出してください。

小説原稿テンプレートが必要な方はこちら

「A5」をダウンロードしていただき、2段組のテンプレートをご使用ください。

★執筆者あとがきカット(執筆者全員)

【原稿サイズ】横111mm×縦70mm 

 テンプレートこちら(googleドライブが開きます)

【カラーモード】モノクロ2値 or グレースケール

【解像度】600dpi(モノクロ2値)

     350dpi or 600dpi(グレースケール)

【提出方法】PSD形式 or PNG形式(画像統合済)

※あとがきカットの書き方について※

●内容について、アンソロジー執筆要項に沿った内容であれば、文字・イラストなどご自由にご記入ください。ペンネーム・寄稿していただく部門は別途こちらでも記載します(ご自身でカット内に書かれても大丈夫です)。

●テンプレートはPNG形式のデータです。ダウンロードした後に解像度やカラーモードを各自設定してください。キャンバスサイズを合わせればテンプレートは使用しなくても大丈夫です。

●テンプレートは真っ白の111mm×70mmピッタリサイズです。そのまま貼り付けるので、テンプレートいっぱいに書いても大丈夫です。

​●黒いベタ背景に貼り付けるので、「白背景で作成をお願いします。黒背景に白文字にすると背景と同化するので避けてください。黒ベタで塗りつぶさなければ模様などは黒で入れても大丈夫です(模様や柄など)。塗りつぶす場合は、濃度の薄いトーンやグレーでしたら大丈夫です。

●350dpiで作成された場合、600dpiに引き伸ばすので多少画質が荒くなる可能性があります。そこまで酷く荒れることはないとは思いますが、ご了承くださいませ。

★もし、あとがきカットの作成が難しい方は『原稿提出フォーム』にて載せて欲しい情報を記入していただければ主催の方で作成いたします。文字だけでは伝えにくい場合や、絵柄を入れたい場合はご相談ください。

『原稿提出方法について

●ファイル名は、漫画原稿の場合『ページ番号_ハンドルネーム.拡張子』としてください。1枚イラスト、小説PDF形式のものは『ハンドルネーム.拡張子』で大丈夫です。

(例:漫画→「01_ao.psd」イラスト→「ao_.png」小説PDF原稿→「ao.pdf」など)

​●完成原稿(あとがきカットも)まとめてzip形式に圧縮した上で、firestorageGigaFile便などのファイル転送サービスにアップロードしていただき、そのURLを『原稿提出フォーム』にて送信してください。ファイルの保持期間は7日以上でお願いします。パスワード設定はおすすめしますが任意です。​

​※もしzip形式に圧縮のやり方が分からない場合は、ご相談ください。

​『謝礼について』

●献本1冊&ノベルティ。(頒布イベント当日、当サークルにて直接手渡しorイベントに来れない方はヤマト運輸の「宅急便をスマホで送る」を使用しご自宅に完全匿名配送予定。その際Twitterまたはメールにて発送の詳細ご連絡いたします。LINEは使用しません)

原稿締切日:2022年12月5日(月)23時59分【厳守】

・googleフォームを利用します。

​『寄稿作品のお取り扱いについて』

​●寄稿作品の著作権は全面的に執筆者様に帰属します。

​●原稿の前半部分(ページ数にして1/2の分量)につきましては、告知・宣伝のため、アンソロジー発行前でも自由に掲載していただいて構いません。

​●アンソロジーの発行から1年が経過した後は、同人誌やwebへの再録は自由にしていただいて構いません。報告も不要です。